お役立ち

販促物とは?販促物の種類や成功事例をご紹介!

(最終更新日:
このエントリーをはてなブックマークに追加

売り上げを伸ばすには、顧客に「買いたい」という気持ちになってもらわないといけません。
そのきっかけを作るのが販売促進の役割です。
販促物をうまく活用することで、顧客との接点を設けやすくなります。
特に無料の販促物・ノベルティはターゲットを招く誘い水となるでしょう。

今回は販促・販促物の基礎から徹底解説。
実際に注目された優秀な販促物の事例をピックアップし、成功する販促物の特徴もご紹介します。

販促とは何か?

販促とはその名のとおり販売促進のこと。
自社や商品の価値を顧客に知ってもらい、購入につなげるコミュニケーション全般を指します。
広告などのプロモーション活動から営業までのあらゆる活動を示すこともあれば、売り上げを伸ばすための施策だけを示すこともあります。

販促とプロモーションの違い

販促とプロモーションはほぼ同じ意味で使われることもありますが、厳密には違いがあります。プロモーションは広告宣伝、広報(PR)、販売促進すべてを指し、その中の販売(セールス)のためのプロモーションを「セールスプロモーション」、すなわち販売促進(販促)と呼びます。

詳しく知りたい方はこちら↓

販促物とは何か?ノベルティとの違い

販促物のイメージ写真
※イメージです。

販促物は企業が販売促進や宣伝のために用意するツールやアイテム全般を言い、チラシなどの印刷物も販促物に入ります。
その中で、主に不特定多数に無料配布するものをノベルティと指すことが多いです。

また、雑誌の付録など購入者限定のいわゆる「おまけ」とされるものは厳密にはプレミアムグッズと呼ばれますが、広義の意味ではノベルティと捉える人も多いようです。

ノベルティは売り上げに直結する販売促進だけではなく、顧客満足度を高めたりファンを増やしたりするブランディングを目的として配布するケースも珍しくありません。参加者や購入者への特典や記念品など多種多様な目的のもとに配布されるグッズだと言えるでしょう。

販促物きっかけで購入する人も多いので、内容次第で売り上げを大きく左右する影響力を発揮します。
あらゆる商品が市場に出て競争が激化する昨今、販促物で注目を集めて認知度を上げたり、差別化を図ったりと販促施策でも多用されていて、今後もますます販促物の重要度は高まるでしょう。

詳しく知りたい方はこちら↓

主な販促物の種類

販促物の種類はとても多いです。
チラシ、フライヤー、パンフレット、ポスターや、店頭などのPOP、パネル、イベントなどで使うのぼり、タペストリーなど告知を目的とした印刷物も販促物ですが、ここではそのものに商品価値がある販促物をご紹介します。

ポケットティッシュの写真
※イメージです。

ポケットティッシュ

ノベルティの代表格と言えばポケットティッシュ。
街頭でばらまける安価な販促物として活躍します。
実用的なので捨てられるリスクも低く、広告をはさむことで認知度アップやキャンペーンの告知などができます。

クリアファイル

クリアファイルも実用的で安価なノベルティ。
ビジネスシーンで活躍するので、ビジネスパーソン向けのBtoBビジネスにも適しています。
クリアファイルにロゴを入れるなど、企業や商品の認知度アップに活用されるケースが多いです。

うちわ

夏の時期によくばらまかれるノベルティがうちわです。
暑い屋外で配布すると受け取られやすく、使用中はほかの人の目にも触れるので広告としてPR力を発揮します。
一定期間使われ続けるアイテムでもあるので、印象にも残りやすくなるでしょう。

カイロ

冬の時期に活躍するのがカイロです。
夏のうちわ同様に、寒い屋外で配布すると喜ばれます。
ノベルティは生活者に喜ばれるものにするのが大切。
需要がないものをばらまいても迷惑がられ、かえってネガティブキャンペーンになってしまいます。

ボールペン

ビジネスパーソン向けの商品・サービスの販促物におすすめなのがボールペンです。
日常的に使うものですし、消耗品なのでたくさんあっても困りません。
捨てられるリスクが低い販促物だと言えるでしょう。

手帳

ブランドの認知度をしっかり高めたいなら、手帳を販促物にしてはいかがでしょうか。
繰り返し使う手帳であれば、何度もロゴを見ることで認知度アップにつなげられます。
使ってもらえるように使い勝手がいいデザインにこだわるのがポイントです。

メモ帳

メモ帳も手帳同様に繰り返し利用することで認知度アップに貢献する販促品です。
営業職などメモ帳をよく使うであろうクライアントに配ると喜ばれます。
ただ、メジャーな販促物でもあり他社の販促物と差別化しにくいので、持ち運びやすいコンパクトなメモ帳にしたり、おもしろいデザインのメモ帳にしたりして使ってもらえるように工夫しましょう。

ふせん

ふせんはビジネスパーソンの必需品。
忙しい人であればあるほどふせんを上手に活用してタスク管理をしています。
「手帳やメモ帳ほどこだわった販促物を作る余裕はないけど、繰り返し使ってもらえる販促物を手軽に作りたい」という方にぴったりです。

カレンダー

カレンダーはずっとデスク周りに置いておくものなので、リピーター創出に適した販促物です。
新規顧客へのアプローチにはもちろん、既存顧客への挨拶周りにも活躍します。
ただ、1~2個あれば十分な販促物なので、他社の販促物に負けないようにデザイン性が高いおしゃれなカレンダーにしましょう。

スマホグッズ

スマホグッズは実用的かつ差別化しやすい販促物です。
とはいえ、スマホケース・スマホカバーなどはこだわりがあるため販促物に不向き。
ストラップ型のスマホクリーナーやスマホリング、スマホ立てなど手軽に使えるものを販促物にするといいでしょう。

販促物の優秀事例

販促物・ノベルティは何でも喜ばれるわけではありません。
顧客に喜ばれる販促物でなければコストの無駄遣いになってしまいます。
ターゲットのことをよく考え、顧客目線で展開した優秀な販促物の事例を4つご紹介します。

カップ麺「ラーメンモッチッチ」/コルクコースター

エースコック モッチッチ ステーション JR渋谷駅 特設サイト
Copyright © Acecook Co.,Ltd. All Rights Reserved.

エースコックのカップ麺「ラーメンモッチッチ」を販売する日本初のエキナカ無人ラーメンショップ「モッチッチ ステーション」が渋谷駅の山手線ホームに期間限定でオープンした際、来場者全員に記念ノベルティコースター「こフタ」がプレゼントされました。
エースコックのキャラクター「こぶた」がデザインされたコルクコースターで、蓋をおさえる重しとしても活用できます。

エースコック モッチッチ ステーション JR渋谷駅 特設サイト
来店記念ノベルティ
Copyright © Acecook Co.,Ltd. All Rights Reserved.

カップ麺を食べるときに使えるコースターは、実用性と利便性が高いノベルティです。
コルクコースターは原価が安いのも魅力。
「スマートに、おいしい食事を提供したい」という企画コンセプトに沿ったノベルティでもあり、メッセージの一貫性があるのもポイントです。

PR TIMES/PRカレンダー

プレスリリース配信サイト「PR TIMES」では毎年、365日分の主要な記念日をまとめた「PRカレンダー」を企業ノベルティとして配布しています。
というのも、PR活動の定番の手法が「記念日」にからめたキャンペーンだからです。

このPRカレンダーを見れば、そのときどきの記念日がわかり、キャンペーン企画の切り口になります。
これはPR TIMESでのプレスリリース配信を促すことになり、立派な販促につながるうえに、クライアントのニーズにマッチした満足度の高い販促物になります。
カレンダーはノベルティの定番ですが、こうやって顧客目線の工夫するだけで付加価値の高い販促物になります。

くら寿司/「鬼滅の刃」オリジナルクリアファイル

くら寿司プレスリリース
Copyright Kura Sushi, Inc. All Rights Reserved.
©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

くら寿司が人気アニメ「鬼滅の刃」とコラボしたオリジナルクリアファイルをノベルティとして配布したところ、第一弾の20万枚はわずか2日間で配布終了、売り上げは130%ともアップしました。
第二弾も同じく20万枚を配布し、売り上げはなんと150%アップ。
平日過去最高売り上げを記録したそうです。

クリアファイルのノベルティは、会計が税込2,000円以上のSNSのフォロワーまたはアプリ会員が対象でした。
人気コンテンツとコラボするなど、多くのニーズが期待できるノベルティを用意する場合は、条件を設けるのが効果的なことがわかります。
TwitterとFacebookのフォロワーは合計10万人以上増加したそうです。

「鬼滅の刃」は人気沸騰中のアニメであり、今回のキャンペーンをきっかけに初めて来店した新規顧客も多く見受けられたとのことです。
新規顧客を獲得したい場合もコラボノベルティが効果的だと言えます。
もちろん、ターゲットユーザーとの親和性が高いコンテンツとコラボするのもポイントです。
ファミリー層が多い「くら寿司」とアニメ「鬼滅の刃」のターゲット層が被っていることも、これだけの効果を生んだ理由でしょう。

ジーユー/「SABON」コラボシュシュ&スキンケア試供品

SABON×GUコラボキャンペーン
COPYRIGHT (C) G.U. CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
© 2019 SABON Japan Inc.

親和性が高いブランド同士のコラボ事例では、お互いにメリットがあるウィンウィンの企画を考える必要があります。
その好事例が、ジーユーがSABONとコラボした「アロエラウンジシリーズ」のノベルティです。

「アロエラウンジシリーズ」は、アロエ成分入りの素材を使用し、パジャマやガウンなどをラインナップしたシリーズ。
なめらかな肌触りでリラックスできる着心地で、抗菌防臭や保湿などの機能性も兼ね備えている点が、人気ナチュラルコスメブランド「SABON」と近しい魅力を持っていて、コラボに至りました。

SABON×GUコラボキャンペーン
COPYRIGHT (C) G.U. CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
© 2019 SABON Japan Inc.

SABONのレギュラー製品であるアロエ成分入りの「ボディジュレ」と「アロエ」をテーマにしたオリジナルノベルティとして、「アロエラウンジシリーズ」の購入者に「SABON」直営店舗で使用できるスキンケア製品の試供品引換チケットとオリジナルシュシュ(ヘアゴム)を先着順でプレゼントします。
SABON側も自社商品を提供するきっかけが得られるので、プラスになるコラボキャンペーンとなりました。

オリジナルシュシュは、同シリーズのアロエパジャマ、アロエジャンプスーツ、アロエが運の3種類と同じ色(全3種類)を展開し、同じ世界観に統一しました。商品着用時に合わせて利用できるので、ユーザーの体験をより豊かにしつつ、ブランドの世界観をしっかりと体現できるように設計されています。

このように、顧客目線で配布した販促物は認知度や売り上げを大きく伸ばす効果があります。
どんな販促物であれば喜ばれるかよく考え、販促企画を一から考えるといいでしょう。

販促のアイデアに困っている方は今回の事例を参考に、ぜひノベルティグッズをご活用ください。

関連記事

販促アイデア事例をまとめた資料がこちら↓からダウンロードできます(無料)
MONO LINK
ノベルティ企画・制作会社をご紹介します
そのプロモーション結果出てますか?
ノベルティ・オブ・ザ・イヤー

ライティング:秋 カヲリ

三度の飯より執筆が好きなライター・コピーライター・心理カウンセ ラー・YouTuber取材メディア「スター研究所」編集長。求人広告・化粧品広告のマーケティング&制作、社史制作を経て、2016年より フリー。得意分野は心理カウンセリング、採用・人事、マーケティング、美容、恋愛・結婚。都内在住、一児の母。

企画・編集:
NOVEZO編集部
MAIL MAGAZINE

アイデアにつながる最新の販促事例などをお届け!

新着記事など販促ご担当者に役立つ情報を厳選しメールマガジンでお届けします。

メルマガ登録はこちら