お役立ち

SNS販促のメリットとは?主要・新興SNSの最新データも併せてご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、SNSを活用したキャンペーンが話題を集める機会が増えてきました。
SNSをあまり使わない方にとっては、本当に効果を得られるのだろうかと疑問に感じるかもしれません。
結論からお伝えすると、SNSをマーケティングに利用する価値は大いにあります。

今回は具体的な数字も交えてSNSを取り巻く環境についても解説していきます。
SNSを使ったキャンペーンに取り掛かるべきか迷っている企業の方は、他社の成功事例もぜひ参考にしてくださいね。

SNSを販促に活用するメリット

企業が販促のために使うと得られるメリットは、ざっくり分けると3つあります。
基本的にはどのSNSにも共通していることなので、自社でも活用できそうかイメージしながらご覧ください。

基本無料で利用できる

SNSは一部の機能を除き、無料で利用ができます。
本来、広告を出したり本格的なサイト制作を行ったりするのには、莫大な費用が必要でした。

しかし、一般のユーザーと同じように企業もSNSを使えるので、費用をかけずに宣伝ができるようになったのです。
運用の工夫次第では、有料の宣伝ツールにも劣らない効果が期待できるでしょう。

ユーザーの意見を参考にできる

SNSでは一般のユーザーと交流をとれます。
企業の投稿に対しユーザーがリアクションをしてくれるのです。
テレビ番組の端でTwitterから寄せられたコメントが流れるのを、見かけたことがあるかもしれません。

Instagram・Twitter・LINE公式アカウントでは、ユーザーからアンケートを集める機能もついています。
上手く意見を集めれば、マーケティングや販促の参考にできますね。
積極的なユーザーとの交流で、企業のイメージアップを図るのもおすすめです。

知名度を広げられる

SNSを使えば、今まで企業と接点がなかった潜在顧客にまで知名度を広げられます。
「いいね」やシェアを得られれば、ユーザーからユーザーへ雪だるま式に情報が拡散されるからです。

知り合いからの紹介となれば、単なる広告よりも商品やサービスに興味を抱きやすくなります。
全く新しい客層へのアピールにもなるでしょう。

SNSで販促する目的は?

SNSは、理由なしに始めても満足のいく効果は得られません。
ここでは、SNSを販促に活用する目的の例を紹介します。

企業のファンを集めること

企業のファン集めは、単なる人気獲得以上の効果を期待できます。
ユーザーに信頼感や身近さを与えることで、他社よりも優先して自社の商品を選んだりしてもらえるからです。
SNSの中だけにとらわれない強固なファンを作るのが理想です。

サイトやお店への集客をすること

SNSが上手くいけば、広告費をかけずに集客ができます。
サイトへのリンクや店舗へのアクセス方法を掲載し、ユーザーをSNSの外に誘導するのです。
企業のSNSを閲覧した後にとるべき行動を画像や文字装飾で分かりやすく示すと、より高い集客効果が得られますよ。

商品やサービスの良さを伝えること

SNSでは、テキスト・画像・動画など様々な要素を組み合わせた発信ができます。
従来のメールのようなテキストのみの内容よりも、商品やサービスの良さを伝えるのに特化しているのです。
画像と動画までこだわって投稿すれば、今まで伝わりにくかった細かなニュアンスまで、ユーザーに届けられるでしょう。

4大SNSの利用状況-2020年度版

次に、SNSの利用情報を2020年までに発表された統計情報でお伝えします。
総論としては、SNS業界全体で前年を大きく上回る数字を叩き出しています。
(参考:2020年8月更新! 12のソーシャルメディア最新動向データまとめ(ガイアックスソーシャルメディアラボ)

ここで紹介するのは、日本で4大SNSとされている次のソーシャルメディアです。

LINE
Twitter
Instagram
Facebook

それぞれの特徴もおさらいしながら、自社で使うSNSを決める参考にしてください。

LINE

LINEアイコン

LINEはアクティブ率の高さから、企業の宣伝ツールとしても力を発揮しています。
スマホ決済サービスのLINE Payやゲームアプリの開発で、日本人の生活にもよく根付いています。

・月間アクティブユーザー数:8,400万人以上
・日間アクティブ / 月間アクティブ 率:86%
・最も多い利用年代:10代(世代人口の79.4%)

LINEについては、こちらの記事(LINEを使った販促事例を徹底解説!最新動向も数値を交えてご紹介<2020年>)もどうぞ。

Twitter

Twitterアイコン

Twitterは拡散性とトレンド性の高いSNSです。
ツイート(投稿)がヒットすると、たちまち何万件もリツート(拡散)されることまであります。
アメリカのトランプ氏が主な発信ツールとして利用している事でも有名です。

・国内月間アクティブアカウント数:4,500万人
・月間アクティブ率:70.2%
・最も多い利用年代:10代(世代人口の67.2%)

Instagram

Instagramアイコン

Instagramは写真共有に特化したSNSです。
インスタグラムの中で特に影響力を持った「インスタグラマー」と呼ばれるユーザーが排出され、SNSの枠を飛び越えて多方面で活躍しています。
現在では様々なSNSで当たり前となった「ハッシュタグ」を使った検索方式の火付け役にもなりました。

・月間アクティブユーザー数:3,300万人
・月間アクティブ率: 84.7%
・最も多い利用年代:10代(世代人口の57.0%)

Facebook

Facebookアイコン

他のSNSではニックネームでの登録が主流な中、Facebookは実名投稿を前提としています。
そのため、どちらかというと実際に顔を知っている知り合い同士でのやりとりが中心です。
利用率は30代から50代までに多く、ビジネスシーンでも活用されています。

・国内月間アクティブユーザー数:2,600万人
・月間アクティブ率:56.1%
・最も多い利用年代:30代(世代人口の36.7%)

販促に使える注目のSNS

世界中で様々なソーシャルメディアが誕生し続けています。
その中でも、4大SNS以外で期待を集めるSNSを3つ紹介します。

YouTube

YouTubeアイコン

動画系SNSで最大規模を誇るのが、YouTubeです。
5G時代の到来を受け、動画コンテンツはますます注目を集めています。

本格的な動画制作スキルがなくても、外注や運用代行サービスを使えばどんな企業でも参戦可能です。
自動の字幕作成機能を使えば、販促の対象は世界中に広がりますよ。

・(国内)月間アクティブユーザー数:6,200万人以上
・(世界)月間アクティブユーザー数:20億人

17LIVE

17LIVE ロゴ

17LIVEは、国内最大手のライブ配信系SNSです。
企業でもライブ配信を活用した販促方法(ライブコマース)が活発になっています。
単なる情報発信で終わらず、売り上げを意識した配信も手がけていきましょう。

・月間アクティブユーザー数:4,500万人

Pinterest

Pinterestアイコン

Pinterestは画像収集に特化したSNSで、知名度は低いながらも企業による利用が急増しています。
Instagramは見栄えの良い写真をユーザー自らが投稿する場。
対してPinterestは、自信のおすすめや好きなことに関する画像をインターネットで集めて、他者に披露するような使い方です。
有名な企業では、ユニクロ・楽天トラベル・ゼクシィなどが参入しています。

・月間アクティブユーザー数:530万人

SNSを使った販促事例

実際にSNSを販促に活用している企業の事例を紹介します。
自社でも参考にして取り組めそうな企画がないか、確認してみましょう。

築地銀だこ

築地銀だこでは、飛ぶ鳥を落とす勢いの「鬼滅の刃」とのコラボ企画を実施しました。
内容は、Twitterで銀だこをフォロー&リツイートして限定ノベルティの抽選に参加するというもの。
2020年9月には約6,000件、10月には約3,000件のリツイートを獲得しました。

大塚製薬

大塚製薬では「ポカリおくってあげなきゃ。」キャンペーンを実施。
ポカリスウェットをきっかけに心が温まったエピソードをSNSで送ると、抽選でCMに起用されるという内容です。
1つのSNSに限らず、TwitterとFacebookで同時開催することで、キャンペーンへの参加人数を増やしました。

スターバックス(アメリカ)

スターバックスでは、Instagramのハッシュタグキャンペーンを開催しました。
「#WhiteCupContest」のハッシュタグを付けて投稿されたオリジナルのカップデザインの中から、大賞受賞作品を実際に商品化するという企画。
デザイン性の高い作品から子供のお絵かきまで、4,000件以上の募集が集まる結果となりました。

まとめ

いかがでしょうか?
コロナ禍のプロモーションにおいて、デジタルシフトが進む中、コストをかけずに、ユーザーとのコミュニケーションや接点を増やすには、SNSの活用は必須と言っても過言ではありません。

しかし、効果を得るには、ターゲットや目標、運用ルールなどをしっかり決め、ある程度の人数にフォローしてもらうまで、地道に更新を続けることが重要です。
それぞれのSNSの特徴を把握した上で、効果的な発信につなげましょう。

関連記事

ノベルティ企画・制作会社をご紹介します

ライティング:廻谷優菜

栃木在住のWebライター。2020年よりフリーランスとして独立。ライティング チーム:沖プロ所属。美容(元美容部員)、YouTube運営、メルマガ、 LINEについての執筆を行っています。

企画・編集:
NOVEZO編集部

SHARE

このエントリーをはてなブックマークに追加
MAIL MAGAZINE

アイデアにつながる最新の販促事例などをお届け!

新着記事など販促ご担当者に役立つ情報を厳選しメールマガジンでお届けします。

メルマガ登録はこちら