事例・特集

防災グッズのノベルティ事例8選!<2021年版>【ノベルティ会議】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ノベルティ会議とは?

のんびりマイペースな先輩ノベゾウと、デキ女の毒舌後輩プレミが情報を出し合い、売り上げアップにつながるノベルティを考える会議。
今回は、9月1日の「防災の日」に合わせたノベルティキャンペーンにおすすめの防災グッズをご紹介します!

9月1日は「防災の日」

今年も全国各地で大雨による災害が起きているね。
地震大国の日本では、南海トラフ地震を含め、いつどこで大地震が起こってもおかしくない状況。
日頃から備えておく必要があるぞう。

最近は防災グッズがホームセンターやバラエティーショップなどで売られていて、手軽に購入できるようになりました。
わたしも会社と自宅の両方に防災バッグを用意していますよ。

日本では関東大震災が起きた9月1日を「防災の日」、9月1日からの1週間を「防災週間」と定め、各地で防災関連の行事が行われているようです。
全国で防災の意識が高まるこの時期に合わせて、「防災の日キャンペーン」を行うのはどうでしょう?

お~センパイ、めずらしくいいアイデアですね!見直しました!

今日の僕は真面目モードだからね。かっこいいでしょ。

最近の防災グッズは機能性はもちろん、デザインにこだわったものもたくさん登場しています。
ノベルティとしてもらって嬉しいグッズを用意して売り上げを狙うのはもちろん、防災への意識を呼び掛けられるようなキャンペーンを行いたいですね!

(プレミさん、スルースキルが上がっているなあ…。)
では早速、ノベルティにもおすすめの防災グッズを紹介していくぞう!

スマートに備える「防災セット」

簡易トイレや絆創膏や軍手、非常食など災害時に必要不可欠なアイテムがセットになった防災セット。
これまでは大きなリュックでの防災バッグが多く、普段の収納場所に困っていた人も多いのでは?
ファシル株式会社さんのこちらのグッズは、カジュアルに防災を持ち歩ける防災ポーチ「MUST HAVE」です!
いつものバッグや車の中に置いてもしもの時に備えたり、アウトドアシーンで活用するのもおすすめなんだとか。
イベントでの来場者プレゼントや成約記念のプレゼントに良さそうですよね。

防災ポーチ MUST HAVE [マストハブ] | 防災用品企画・製造 ファシル株式会社 (facil.jp)
Copyright © 防災用品企画・製造 ファシル株式会社 All Rights Reserved.

ファシルさんでは車載用の防災セットも展開されていますよ。
今年の1月にも日本海側での大雪によって、最大で1000台以上の車が立ち往生しました。
予期せぬ事態に備えて車の中にも防災セットを入れておくのがおすすめです。
7年保存の水やクッキーが入ったこちらの防災セットは、自動車の成約記念のプレゼントにもピッタリです!

防災安心セット 車載用 | 防災用品企画・製造 ファシル株式会社 (facil.jp)
Copyright © 防災用品企画・製造 ファシル株式会社 All Rights Reserved.

一見防災グッズには見えない、生活に溶け込んだデザインの防災セットを見つけました!
強力磁石を搭載したドアに張り付くタイプの防災バッグです。インテリアの邪魔をしないシンプルなデザインが素敵ですよね。
玄関に設置しておくことで必要な時にすぐ持ち出すことができますね。
また、日ごろから見えやすい場所に置いておけるので日々防災への意識を忘れない、という注意喚起にもつながります!

ドアに張付く 防災バック – anytimecarry
Copyright © 2021, anytimecarry. Powered by Shopify

僕のおすすめは「DAILY IZAMESHI」という保存食セットです。
引き出しタイプのボックスに21品の保存食が入ったこちらの商品。木目調のボックスは日常に溶け込みやすいデザインで、インテリアとしてもおしゃれに使えるぞう!
多めに買って普段の生活でも使用し食べたら補充、という「ローリングストック」と呼ばれる備蓄方法にも活用できます。
レトルト食品など保存のきく商品を展開している食品系企業のノベルティの、参考にしてみてはいかがでしょうか?

DAILY IZAMESHI – IZAMESHI
Copyright © SUGITA ACE Co.,LTD. All rights reserved.

アイデアを生かした新しい防災グッズ

普段は普通のスリッパとして、非常時にはかかと部分をかぶせて履いてガラス片やがれきから足を守ることができる「足まもりっぱ」という商品を紹介します!
底面に釘も通さない特殊シートを内蔵した仕様で足裏をしっかり守ってくれます。
普段から使用していればいざという時にすぐ活用することができますね。普段の生活でも非常時でも利用できる、アイデアが光るグッズです!

足まもりっぱ M・ブラウン:PRODUCT(商品情報)|株式会社コジット (cogit.co.jp)
Copyright © COGIT co.,ltd

普段から使えるくらいおしゃれなデザインの防災用照明キット「TOMORI AID」も素敵だぞう。ランタンのような柔らかな光なので、家の中やアウトドアシーンで使うのもおすすめです!
実はこちらの商品は段ボールでできた組み立てキットなんです。折りたためばバッグに収納できるコンパクトさで、組み立ても簡単なので防災バッグに入れておくこともできますね。
「いつかつかう」を「いつもつかう」に、というコンセプトで生まれたTOMORI AID。いざというときにすぐ活用できるように、日頃から使えるデザイン性が防災グッズにも求められています!

TOMORI AID (tomori-aid.shop)
Copyright © TOMORI AID

かさばりやすい防災グッズといえばヘルメットですよね。
株式会社タイカさんの「でるキャップ」は、通常時はフラットな形状ですが頭に押し当ててかぶるとヘルメットに変身します。一見変わった形の防災キャップですが、火と衝撃から頭をしっかり守ってくれるそうです。
ポリエチレン製なのでとても軽く、子供から大人まで楽に被ることができます。
斬新なアイデアでヘルメットの面倒なポイントを解決したこちらの商品。
ノベルティに採用するなら、これくらいのアイデアと見た目のインパクトで勝負したいですね!

αPLA アルファプラ|でるキャップ (taica.co.jp)
Copyright © Taica Corporation, All Rights Reserved.

折りたたんだ時の形がバナナのようで可愛らしいこちらのグッズは子供用トイレ!
トイレトレーニングやアウトドアシーンに役立つのはもちろん、コンパクトなので防災用に備えておくのにもおすすめです。
子供向けのグッズはデザインも非常に重要。子供は喜ぶモチーフをデザインに取り入れて、自ら使ってもらえるような工夫を加えたグッズが、子供にも大人にも喜ばれます!

JUNJU BANANA POTTY どこでもトイレ:ange select (rakuten.co.jp)
Copyright © Rakuten, Inc.

今回は、9月1日の防災の日に合わせたノベルティキャンペーンにおすすめの防災グッズをご紹介しました。
『地味』『重くてかさばる』というこれまでの防災グッズへのイメージを変えるグッズを集めました。これからの防災グッズは普段から使って目の届くところで備えていく形が求められていきそうです!

非常時だけでなく普段も使ってもらえるノベルティグッズなら、企業名などをアピールするチャンスも増えそうです。
防災意識を呼び掛けつつ、キャンペーンの効果にもつながるようなノベルティグッズを考えて行きたいですね!

様々な記念日に合わせて効果的なノベルティキャンペーンを!ご相談はお気軽に。

お問い合わせはこちら

販促アイデア事例をまとめました!(前編)
お役立ち資料一覧
ノベルティ企画・制作会社をご紹介します
企画・ライティング・編集:
NOVEZO編集部

お役立ち資料一覧

販促のアイデアや参考になる事例など販促・ご担当者さま必見の資料を無料でご用意!

資料一覧ページはこちら